You are visiting this website from:
人材紹介のご相談 転職・求人情報

FP&Aアナリストに求められるスキル

FP&Aアナリストに求められるスキル
Submitted by global_admin on

FP&A(財務計画・財務分析)部門に入るにはどうしたらよいかと、よく聞かれます。こうした部署は、しばしば経営幹部と一緒に働き、戦略的な経営上の意思決定の基となる分析を提供するため、非常に人気があります。

現在の転職市場の状況や、採用企業が重視しているスキルや経験をご紹介します。

そもそもFP&Aとは?

FP&Aはファイナンシャルプランニング&アナリシスの略で、CFOの下で様々な財務計画や分析を行います。過去の取引や数字を管理するアカウンティングに対して、会社の「これから」をサポートする数字を扱う部門といってもいいかもしれません。具体的な仕事内容は会社やポジションによって違いますが、予算編成や管理、経営戦略や投資を決めるために必要な分析を行ったり、改善や改革の論理的な根拠を提示したりします。経営やビジネスに近い立ち位置で貢献できるのが醍醐味です。

FP&Aの呼称は業種や企業規模によって様々ですが、ファイナンシャルアナリスト、シニアアナリスト、ビジネスアナリスト、ストラテジスト等と呼ばれます。アナリスト数名からなるチームがある場合は、それを束ねるFP&Aマネージャーがいる場合もあります。

FP&Aアナリストに求められるスキル、素質

では、FP&Aアナリストになるためにはどのようなスキルや素質が必要なのでしょうか?

  • 知的好奇心・探求心、向学心

    定期的な分析を行うための手順やテンプレート、モデルが確立されている場合もありますが、「なぜそのような現象が起きているのか?」をどれだけ掘り下げられるかで分析の質は変わってきます。経理や財務だけではなく、会社が抱える経営課題やビジネス環境・業界動向にまで興味を持ち、学び続けられるかどうかが大切です。

  • 会計の知識・経験

    当たり前ですが、知的好奇心だけではFP&Aアナリストにはなれません。財務状況を的確に分析するためには、財務諸表のすべての項目やその意味をしっかり理解していなければいけません。その意味では、アカウンティングや会計監査の経験がFP&Aへのステップとなる場合があります。

  • 調整能力、コミュニケーション能力

    FP&Aの重要な業務の一つに予算編成があります。予算においては利害関係者との調整能力は必須です。また予算と実績に乖離が生じた際の分析でも、数字を見るだけでなく関連部署に事情を聞くなど、全体像を理解した上で結論を導けるFP&Aアナリストは付加価値が高いといって間違いないでしょう。分析した結果をCFOや経営陣、関連部署にプレゼンしたりフィードバックする能力も大切です。

  • プロジェクトの経験

    FP&Aの分析の結果、改善や改革が必要になった場合、プロジェクトへの参画を求められることは少なくありません。利害関係者の意見が一致しなかったり、計画通りに進まなかったり、リスクをとらなければいけなかったりするプロジェクトはアカウンティング業務とはかなり異質な仕事です。同時に、分析の結果を実行に移していく非常にやりがいのある部分であり、FP&Aアナリストの採用において重視されるスキルです。

  • ITの素養

    財務分析では、エクセルや会計ソフト、Hyperion Essbase やSAP Business ObjectsといったERPなどを使います。VLOOKUPなどの関数はもちろん、マクロも組めると有利でしょう。また、システム改善やERP導入、自動化プロジェクトなどにおいて、IT部門とファイナンス部門の橋渡しができるような人材は非常に重宝されます。

 

いかがでしたでしょうか。FP&Aで転職をお考えの方は経理の新着求人をどうぞ。

【おすすめ記事】