You are visiting this website from:

転職時の給与交渉の仕方

読了時間:約4分 | 25-11-2020
Submitted by Anonymous (not verified) on Wed, 11/25/2020 - 12:19
Translation Language
Japanese
Contracting Jobs
Off
Executive Service Article
Off
Press Releases
Off
News
Off

キャリアアップのために転職を決意し、よい求人を見つけたとします。苦労の末書類選考や面接を突破して内定段階まで漕ぎつけたら、最後のハードルは給与交渉です!

給与交渉前にやるべきこと

  • 業界の給与水準をチェック
     

    まずは転職先の業界や職種の平均給与を調べましょう。人材紹介会社や転職エージェントが定期的に発行している給与ガイドが便利です。Morgan McKinleyの給与シミュレーターなら簡単に市場動向を確認できます。

    もっと詳しく知りたい場合は信頼できる転職エージェントに相談しましょう。

    あなたの適正年収はいくら?給与ガイドシミュレーターはこちらから。

  • 総合的に判断できる材料を揃えておくこと
     

    転職先の福利厚生にはどのようなオプションがありますか?キャリアアップできる環境が整っていますか?

    基本給は会社の給与体系に基づいて決めるため、あまり交渉の余地がない場合もあります。そんなときも運用の柔軟性が高い手当や、コストが比較的低い福利厚生のオプションなら検討してもらえるかもしれません。時間やお金がなくて取得を保留していた資格はありませんか?オファーされた仕事に役立つ資格なら、転職先にその費用の負担を願い出てみるのも一計です。

    提示される年収が希望より低くても、勤務制度や福利厚生などが充実していれば転職後のQOLが向上する可能性がありますので、どんなライフスタイルを目指したいのか、妥協できるポイントは何かを総合的に考えておきましょう。

  • 上限の確認
     

    年収の上限があるかどうかを確認しましょう。職種によっては、給与が一定額を超えてはいけないというサラリーキャップが規定されている場合があります。それを予め知っておけば交渉を進めやすくなります。キャップが期待値を下回る場合は代わりに夏季休暇の延長や社外研修の参加費用などを求めてもいいかもしれません。

  • 自信を持つこと
     

    自信を持って交渉に臨むコツは自分の市場価値をしっかり把握し、相場観を鍛えておくことです。リサーチには給与シミュレーターが役立ちます。設定を変えて様々なパターンをシミュレーションをすると中途採用市場の全体像が見えてくるはずです。

    転職経験者に給与交渉の失敗・成功談を聞いたり、友人・家族と交渉のロールプレイをするのも効果的です。転職先に中途で入社した知り合いがいれば話を聞いてイメージトレーニングをしましょう。よいアドバイスが得られるかもしれません。

実際の給与交渉の場でやるべきこと

相手の懐具合や自分に対する評価がわからない中で給与交渉をするのは難しいものです。こじれると破談になってしまうかもしれませんし、そもそも駆け引きは苦手という方もいらっしゃるでしょう。将来の上司になるかもしれない相手と掛け合って心象を損なったらどうしよう、という心配もあります。会社側でも候補者に悪い印象を与えたくないと思っているはずですから、不安な方は転職エージェントにお任せください。

実際の給与交渉の場でやるべきこと

ご自身で臨む場合は以下の点に注意しましょう。

  • 過去の給与について嘘をつかない

    給与交渉ではできるだけよい待遇を引き出したいのが人情です。でもだからといって過去の給与について嘘をついてはいけません。転職先の上司も人事も競合のおよその年収はわきまえています。入社の際に源泉徴収票の提出を求められる場合もありますので、ありのままを正直に伝えるのが鉄則です。
  • まずは先方から数字を引き出す

    まずは相手から数字を引き出すのが交渉の基本。転職先の上司や人事担当者が想定年収を提示してくれるのを待ちます。その提案に対して、自分にはもっと価値があると感じた場合はやんわりとその気持ちを伝えてみましょう。

先に自分の希望年収を提示すると、それが転職先の想定や予算を大きく超えたものだった場合に先方の交渉意欲を大きく殺いでしまったり、強欲な人だと思われてしまうリスクがあります。

  • 算出基準を教えてもらう

    提示された年収の算出基準や評価基準を聞いてみましょう。掘り下げて根拠を聞くことで、転職先企業のロジックを理解し、交渉の余地がありそうな部分の検討をつけることができます。
  • 自分の価値を客観的に述べる

    自分にはもっと提示された年収以上の価値があると思う場合は、その根拠を明確に示しましょう。特に市場平均以上の給与や、転職先の給与体系を逸脱した待遇を希望する場合は相応の理由がなければ受け入れにくいものです。転職先にどのような利益をもたらせるのかを客観的に説明し、納得してもらわなければいけません。
  • 何があっても冷静に、誠実にふるまうこと

    給与交渉のやりとりは相手のあなたに対する認識・評価に間違いなく大きな影響を与えます。どのような展開になっても冷静を保ち、真摯な態度を崩さないようにしましょう。相手は将来の上司になるかもしれませんし、今回の交渉が破断になったとしてもまたどこかで顔を合わせることもあるかもしれません。信用を失するようなふるまいは避けてください。

給与交渉後にやるべきこと

給与交渉後にやるべきこと

  • オファーを受諾するか、再交渉を申し込む

    交渉後は先方から数字が提示されるはずです。すぐに返事をする必要はありません。即答できない場合は持ち帰って考えさせてください、と言えばOKです。検討の末オファーを受けたいと思ったら、担当者に連絡をして正式に受諾の返事をしましょう。

    どうしても納得できない場合は再交渉を申し込むこともできます。

注意!提示されたオファーが妥当だと感じたら、欲を出さないこと。再交渉に応じてもらえない場合もありますし、入社後に求められる成果のハードルが上がったり、将来の給与交渉が困難になるリスクがあります。

  • 全て書面で残すこと

    電話や対面で数字を約束されたときも、話し合いの結果を必ず書面にしてもらってください。先方が何も言わない場合は、こちらから念を押しましょう。

    オファー受諾後は今の職場に退職を願い出る、転職先が提示してくれた給与に相応しい成果を出すという大仕事が待っています。言った言わないで揉めないよう、スマートに話をまとめたいですね。

自分のキャリアは自分で決める

転職には家族や転職先の上司など様々な人への配慮が必要です。でもこれはあなたのキャリアですから、人任せにしてはいけません。金銭的な報酬、やりがい、ワークライフバランス、将来のキャリアパスなど様々な「価値」のうち、譲れないものは何かをご自身でよく考えて納得のできる答えを出してください。

転職でも社内異動でも、新しい上司はあなたにフェアな待遇を与えたいと思っているでしょう。新しいポジションでは担当する仕事の範囲が広がった、部下が増えたなど責任が増した方は、交渉した給与に見合った成果を出せるよう気を引き締めて仕事に臨みましょう。自分にはそれだけの価値があると、自ら勝ち取ったお金なのですから!

給与ガイドシミュレーション2021年版

様々な国・地域、業界、職種における給与を閲覧できます。

年収を計算する Find Salaries
転職をお考えですか

理想の仕事をいますぐ検索

求人を検索