You are visiting this website from:
転職アドバイス | 読了時間:約2分

外資系投資銀行オファーまでの流れ

外資系投資銀行オファーまでの流れ

16-01-2017
Submitted by global_admin on Mon, 01/16/2017 - 04:58
Read time: 2 mins mins read
Read Time
2
Translation Language
Japanese
Contracting Jobs
Off

エクイティ分野専門のリクルーターとして、多くの投資銀行プロフェッショナルとお会いします。 良く聞かれる質問が、外資系投資銀行オファーまでの流れ。 最終面接が終わってから実際のオファーレターを貰うまでのステップを詳しく知りたいとの要望。

各社により違いはありますが、流れは以下となります。

過去3年間の給与情報の提出
オファーを検討する際に、現在及び直近3年間の給与及び家賃補助など各種手当ての情報が必須。
ベースサラリー、ボーナス、そして各種手当て、それぞれの詳細が聞かれます。
又、ストックオプションを保有している場合、行使条件及び保有株数が聞かれます。
給与交渉を有利に進める為、実際の給与より多く申告することは絶対にお止め下さい。
入社手続き時に前職の源泉徴収票提出が必要であり、いずれにしても給与の詳細は明らかになります。
虚偽の申告をしたとみなされ、内定取消しになる可能性有り。

バックグラウンドチェック
最終段階にある内定候補者の経歴に関しての検証作業。
学歴、職歴に加えて、犯罪歴(証券業法違反の有無)などの確認が行われます。
専門の調査会社へバックグラウンド調査を依頼するのが一般的。

本社の承認プロセス
外資系投資銀行の日本拠点では、多くのポジションで本社(もしくはアジア本部)の採用承認が必要
この最終的な承認を得るプロセスは、オファーアプルーバルと呼ばれる。

オファー面接
人事部担当者よりオファーレターが交付され;
ベースサラリー、ボーナスといった給与条件、福利厚生、有給休暇などオファーレターの内容説明が目的。
オファーレターの回答期限は7日以内が一般的。

以上に加えて、以下がオファー面接までに行われる可能性があります。

レファレンスチェック
内定候補者を知る仕事関係者に対して、本人の経歴や人柄の問い合わせが行われます。
通常仕事関係者2名もしくは3名へ、内定候補者の承諾を得て連絡が取られる。

健康診断
投資銀行指定の病院で、一般的な簡単な健康診断が行われるケースが多い。

外資系投資銀行各社の個別のケースに関しては、お気軽にお問い合わせ下さい。

おすすめ記事:

投資銀行で面接に進む英文CVの書き方

コンサルティングから投資銀行への転身

給与ガイド(2020年度版)

最新版の給与ガイドには、各市場の採用市場に関する洞察や給与の期待値を掲載しています。

給与ガイドをみる
問い合わせる
以下の必要事項をご記入ください。担当者からご連絡させていただきます。
Submit your Healthcare Staffing Request
- Request a Free Consultation Today -
この項目は必須です
「姓」は必須項目です。
「名」は必須項目です。
「メールアドレス」は必須項目です。
電話番号を入力してください
有効な電話番号を入力してください