You are visiting this website from:

外資系投資銀行で求められる英語力

外資系投資銀行で求められる英語力

読了時間:約1分 | 06-11-2017
Submitted by global_admin on Mon, 11/06/2017 - 06:17

外資系投資銀行では、公用語は原則として英語です。

条件提示を書いたオファーレターは英語、入社時に取り交わす契約書は英語。入社後も社内の公的文書は英語ですし、海外オフィスへの連絡は勿論英語。

上記は概ね事実であるケースが多い(特に欧米系)。もっとも求められる英語力は職種により、異なります。中途採用においては、TOEIC, TOFEL, 国連英検といった資格は選考上でのウエートは少ない。

外資系投資銀行といっても東京オフィスでは、日本人従業員が大半を占めるケースがほとんど。同僚も上司も日本人、顧客が日本人のケースは珍しくありません。

例えば;国内における投資銀行業務、国内投資家向けセールス業務では英語力はほぼ求められません。いかに業務に熟知しているかが重要(収益を挙げる能力があるか)。

中途入社の場合は、担当の仕事ができることが最優先課題。英語力も判断要素ではありますが、ポジションにより求められるレベルが大きく異なります。外資系投資銀行転職では、英語は必ずしも必要ではありません。

給与ガイドシミュレーション2022年版

様々な国・地域、業界、職種における給与を閲覧できます。

年収を計算する Find Salaries
転職をお考えですか

理想の仕事をいますぐ検索

求人を検索