You are visiting this website from:
転職アドバイス | 読了時間:約3分

オーストラリアで活躍する女性CFOから学ぶキャリア形成

qantas

12-09-2013
Submitted by global_admin on Thu, 09/12/2013 - 06:17
Read time: 3 mins mins read
Read Time
3
Translation Language
Japanese
Contracting Jobs
Off

安倍晋三政権は成長戦略の1つに「上場企業に女性役員を少なくとも1人」という政策案を掲げています。

このような目標を立てたのは、日本における女性役員の登用が海外に大きくおくれを取っているからです。
日本の女性取締役比率は1.4%で、米国の15.2%、英国の12.2%、オーストラリア8.3%(世界銀行グループの国際金融公社、2010年度調べ)と比較しても、圧倒的に低いのがわかります。

日本政府が、やっと重い腰をあげ、女性の活躍を後押しする姿勢をみせているので、今回は豪Quantas航空の国内線部門の女性CFO(最高財務責任者)であるJenny Chamberlain氏に、どのようにキャリアを形成をしたらCFO の役職につけたのかをインタビューしましたので、彼女からのアドバイスをご紹介します。

1. 同じ場所に安住しない

Chamberlain氏がCFOの役職につけたのは、経営や経理に関する業務を幅広く経験したことが大きいとのこと。彼女の場合は、比較的キャリアの初期段階に、Qantas社のグループファイナンス部門から意を決して、同社のロイヤルティ部門に異動。振り返ってみると、このロイヤルティ部門で、同社のビジネス全般を学び、顧客やステークホルダー(利害関係者)などと折衝することを通して、キャリアパスを大きく拡げられたと言います。

2. 信頼できる相談相手をみつけ、ネットワークを拡げる

キャリアパス形成には信頼できる相談相手を確保しておくことが重要です。Chamberlain氏は信頼して悩みを打ち明けられるような人が数名いて、難しい決断を迫られた時などアドバイスをもらえたと言います。
経験豊富なアドバイザーのような存在は、客観的に的確な指針を示してくれるのでとても貴重だったそうです。
特に異動など新しいチャレンジをすべきか迷った際に、明確なディレクションを示してもらえ、確固たる自信を持つ事ができたことが順調な昇格につながったとChamberlain氏は言います。
あまり堅苦しく考えず、若い時にどんどん人脈ネットワークを拡げておくことが大事だそうです。それは、年を取って仕事上でも家庭でも色々な責任が出て来るようになると、段々ネットワーク作りが難しくなる傾向にあるからだそうです。

3. 産休をしっかり取る

産休を取ることについては、女性の間でも複雑な感情が入り乱れるとところです。子供を産むことは家庭生活にとって大変貴重なことですが、育児で休むことで自身のキャリアの見直しをする絶好の機会でもあります。
産休を取ってから職場に復帰することで、全く新しい視点で仕事に取り組むこともできるとChamberlain氏は言います。
二人の子持ちの彼女ですが、産休から復帰した後は、自分の能力を決して過小評価せず、子供を産む前と同じ意識で仕事に邁進し、昇進できるように努力することが大切だと力説していました。
特に2人以上の子供を持ちたいと考えている女性は、肉体的にも精神的にも大変だと思いますが、強い決意を持ってのぞんで欲しいと言います。

4. ワークバランスを考える

もし産休後に、育児時短(パート)勤務として職場復帰する場合でも、フルタイム勤務と同じ量の仕事を3〜4日間で無理にこなそうとしないことが重要だそうです。社内外のあらゆる支援システムを利用して、仕事とプライベートを両立することが大切だとChamberlain氏は語ります。
仕事上のプレッシャーを受けながら、家庭でも育児の責任を負うことは大変なストレスになるので、休暇もしっかり取るようにすることが肝心とのことです。

(取材協力: Matt Jacobs, 弊社シドニーオフィスのコンサルタント)

このようにアドバイスをくれたChamberlain氏ですが、彼女の略歴を最後に簡単にご紹介します。大学卒業後、Ernst and Youngに短期間勤務した後、第二新卒者向け採用枠で19年前にQuantas社に入社。同社でグループファイナンス部門、ロイヤルティ部門、内部監査部門、業務改革部門、インベスターリレーション部門を経て、昨年7月に国内線部門のCFOに就任。趣味は旅行、料理、ワインと走ること。

さて、Chamberlain氏のアドバイスは参考になりましたでしょうか?

現在、日本の上場企業の女性役員は約500名といわれています。もし今後、全上場企業で女性役員が1人でも誕生すれば、その数は3600人を超えることになります。男女問わず、有能な人材が活躍できるような環境づくりをみんなで進めていきたいものです。


※安倍首相の「上場企業に女性役員を1人」については、同僚のAnthony Truchotもブログを書いているので、こちらもよろしかったらご覧下さい。

給与ガイド(2020年度版)

最新版の給与ガイドには、各市場の採用市場に関する洞察や給与の期待値を掲載しています。

給与ガイドをみる
問い合わせる
以下の必要事項をご記入ください。担当者からご連絡させていただきます。
Submit your Healthcare Staffing Request
- Request a Free Consultation Today -
この項目は必須です
「姓」は必須項目です。
「名」は必須項目です。
「メールアドレス」は必須項目です。
電話番号を入力してください
有効な電話番号を入力してください