You are visiting this website from:
転職アドバイス | 読了時間:約2分

私がMorgan McKinleyを選んだ理由

What's the Difference

18-11-2013
Submitted by global_admin on Mon, 11/18/2013 - 06:51
Read time: 2 mins mins read
Read Time
2
Translation Language
Japanese
Contracting Jobs
Off

ヘッドハンティング業界に入って10年近く経ちます。

つい最近、シンガポール勤務から東京に戻ることになり、心機一転、新しい人材紹介会社に移ろうと、数社、訪問しました。
有り難いことに、どの企業からもコンサルタントとして、かなり良い雇用条件を提示してもらえました。数々の魅力的なオファーの中から、迷うことなく、Morgan McKinleyへ転職しようと思った理由は、他社にはない、「圧倒的な違い(良さ)」があったからです。

Morgan McKinleyは、まぎれもないグローバル企業なのですが、ブティック経営的な要素を多く残しています。そのため社内はとてもアットホームで、上司や同僚とも家族のように、ファーストネームで呼び合います。そして、顧客企業や求職者へのフォローアップも、とてもきめ細かく、丁寧です。

特にMorgan McKinleyの企業哲学の中で気に入った点は、各コンサルタントが、まるで独立した起業家のように扱われていることです。具体的にいうと、人材スカウトのやり方からバックアップ体制に至るまで、かなりの権限と裁量がコンサルタント自身に与えられ、自分の理想とするビジネス展開ができるのです。
無理矢理、募集案件に求職者をあてこむようなことはせずに、まず顧客企業や求職者とよく話し合い、相談することからビジネスをスタートできるのは、良心的なコンサルタントを目指す者にとっては有り難いことです。

一日を振り返った時、感じるのは「あ〜、今日も何かしら皆さんに付加価値を提供できたのではないか・・・」という満足感です。
「数字の達成」を第一義的な目標にしていないので、それだけ顧客や求職者の方々と寄り添って仕事ができるからだと思います。
実は、Morgan McKinleyが巨大企業ではないというのも、大きな利点です。本社から「こうしろ、ああしろ」と押しつけられることがなく、形式ばった厳しい規則もありません。逆に、コンサルタント達は、どんどんアイディアを出すこと奨励されています。
「どうすれば、もっと良くできるのか?」ということを自らの頭で考え、計画を錬り、実行に移せるので、とてもやりがいがあります。
東京オフィスに入社して再確認できたことは、Morgan McKinleyが、成熟したプロの集団だということです。雰囲気としては、優れたコンサルタントが、それぞれの専門性と独創性を活かしながら創業した「スタートアップ企業」という感じなのですが、それだけでなく、オフィス全体の協調性が極めて高いのが特長です。

もちろん、これから改善すべき点はまだまだ沢山あると思います。しかし、日本でのビジネスは、確実に軌道に乗ってきており、今後は、もっともっと皆さんのお役に立てると思います!

給与ガイド(2020年度版)

最新版の給与ガイドには、各市場の採用市場に関する洞察や給与の期待値を掲載しています。

給与ガイドをみる
問い合わせる
以下の必要事項をご記入ください。担当者からご連絡させていただきます。
Submit your Healthcare Staffing Request
- Request a Free Consultation Today -
この項目は必須です
「姓」は必須項目です。
「名」は必須項目です。
「メールアドレス」は必須項目です。
電話番号を入力してください
有効な電話番号を入力してください