You are visiting this website from:
転職アドバイス | 読了時間:約2分

コロナ危機でも使える金融ヘッドハンターとは

コロナ危機でも使える金融ヘッドハンターとは

20-05-2020
Submitted by global_admin on Wed, 05/20/2020 - 06:52
Read time: 2 mins mins read
Read Time
2
Translation Language
Japanese
Contracting Jobs
Off

五月に入って緊急事態宣言の延長が発表されるなど、コロナ危機の及ぼす影響は甚大です。金融業界においても、マーケットには大きな変化が訪れています。

外資系金融機関各社における本社の指示によるグローバル採用凍結などの影響や、日系各社の面接プロセスにおける大幅なスローダウンなど、様々な変化が起きています。その中でも金融業界における在宅勤務の体制へ移行は大きな変化の一つとも言えるでしょう。

コロナ危機の及ぼす影響が甚大なのは金融業界だけではありません。金融業界を専門とするヘッドハンターも未曾有の事態に直面しています。オフィスはクローズされ、在宅勤務を余儀なくされている点はもはや当たり前になっています。それ以上に重要なのが情報に対するアクセスの遮断です。具体的にはクライアント及び候補者とのコミュニケーションの欠如等があげられます。これは情報を生業とするヘッドハンターにとっては致命的とも言えます。

そんなコロナ危機に直面している今、使える金融ヘッドハンターとは?

いつも通り連絡が取れること

  • 基本ですが、在宅勤務であればコミュニケーションに支障がないこと
  • 会社宛の電話番号及びメールアドレスへいつも通り連絡がとれること
  • LinkedInにおけるコミュニケーションも問題ないこと

マーケットへのアクセスを変わらず持っていること

  • 候補者
  • クライアント
  • ブルームバーグ等金融専門メディア
  • ネットワーキング
  • 会社HPの採用ページ
  • 転職情報サイト
  • LinkedIn他専門SNSサイト 等

いつも通りの情報が得られること

  • 求人情報、報酬水準、キャリアパスに関しての事例など、最新の動向
  • 各社の組織構成、個人名、タイトル、カバーしているプロダクト及びクライアント
  • ヘッドカウントの有無

 

業界知識や選考方法、英文CVに詳しいという点はコロナ危機下でも変わらずポイントとしてあげられます。自分自身が信頼できるヘッドハンターを見つけることが極めて重要になってきます。
ヘッドハンター及びマーケット情報に関してはお気軽にお声がけください。

給与ガイド(2020年度版)

最新版の給与ガイドには、各市場の採用市場に関する洞察や給与の期待値を掲載しています。

給与ガイドをみる
問い合わせる
以下の必要事項をご記入ください。担当者からご連絡させていただきます。
Submit your Healthcare Staffing Request
- Request a Free Consultation Today -
この項目は必須です
「姓」は必須項目です。
「名」は必須項目です。
「メールアドレス」は必須項目です。
電話番号を入力してください
有効な電話番号を入力してください