You are visiting this website from:
転職アドバイス | 読了時間:約3分

アセットマネジメント業界の中途採用市場の採用動向2017年5月

アセットマネジメント業界の中途採用市場の採用動向2017年5月

26-05-2017
Submitted by global_admin on Fri, 05/26/2017 - 05:22
Read time: 3 mins mins read
Read Time
3
Translation Language
Japanese
Contracting Jobs
Off

大変ご無沙汰しております。モーガンマッキンリーの河野です。
不定期になってしまいますが、アセットマネジメント業界の中途採用の状況、
サラリーの動向に関してお話をしていきたいと思います。

少々前になってしまいますが、2017年度版のサラリーガイドはご覧になられましたでしょうか。

今年ももうすぐ折り返し地点に来てしまいそうですね。

2017年は昨年と比較しますとアセットマネジメント業界(特に大手投資銀行系のアセットマネジメント)の中途採用のポジションの絶対数は減っているものの、特定のプロフェッショナルの人材不足は相変わらずの状況で中途採用は1月から今まで非常に活況でした。ありがたいお話なのですが、そういった事もあり、有給休暇はほぼ使えておりません。ここ8年ほど、まともに有給休暇を使えた記憶は無いですが。。。

さて、今回はサラリーの動向に関してざっくりとお話が出来ればと思っております。

アセットマネジメント業界全体として2016年はベースサラリーが大きく変わる年ではございませんでしたが、マイナス金利、オルタナティブ、プライベートアセットのニーズの増加、機関投資家ビジネスへのフォーカス等に、より一部のポジションでニーズが急増しておりましたのでベースサラリーが上がるセクターもございました。

残念ながら2016年は業界全体の投資信託のAUMが5年ぶりに下がる形になり、5年連続で伸びていた投資信託のAUMの勢いに陰りが見える形となりました。2014年にはNISAが始まり、投資信託のAUMが順調に伸びていくと思われておりましたが、こちらも導入をされた年のみ口座数が急激に増加しましたが、実際にはアクティブな口座は少なく、残高を継続的に伸ばしていく要因にはならなかったようです。

今年の1月から今まで、弊社のアセットマネジメントチームでは平均して週にお一人ずつご転職に成功をしておりますが、特にご転職をされた方々のベースサラリーが高くなっているセクターを列挙致しました。

機関投資家営業(金融法人、年金)
こちらはマイナス金利の関係で金融法人(特に地銀への営業)や公的年金、大手金融法人のプライベートアセット等のニーズの増加により年金の営業のニーズが一部企業で積極的に採用が行われておりました。2017年も引き続き投信営業よりも機関投資家の営業の方が多いトレンドになっております。外資から外資系AMにご転職された方で一番ベースアップをされた方で21.2%でした。

RFP、マーケティング(資料作成)
各社で営業の人材を拡充に伴い、販売用資料(ピッチブックなど)や営業と切っても切り離せないRFPのポジションでのニーズが多く、こちらも人材の争奪戦になっておりましたので、営業フロント程ではありませんが、ご転職をされた方のベースは必ず上がっておりました。RFPは2017年も引き続きニーズが急増しております。弊社からご転職を成功されている方々の平均ベースアップは約11%でした。

オルタナティブのプロダクトスペシャリスト(プロダクトマネージャー)
営業増員に伴い、プロダクトスペシャリスト(プロダクトマネージャー)のニーズも増えておりますが、特にオルタナティブ資産のニーズも増加をしております。

じつはオルタナティブ資産のプロダクトスペシャリストは人材が非常に少なく、各社で候補者の引っ張り合いになる形になっております。HFはそこそこいらっしゃいますが、インフラやPE等のプライベートアセット周りの人材が非常に少ない状況です。

中途採用市場ではベースがサラリーが必ず上がるポジションのひとつになっております。弊社からご転職を成功されている方々の平均ベースアップは約13%でした。

コンプライアンス
アセットマネジメント業界では一番、マーケットバリューの高いバックオフィスのポジションになります。
マーケットで資産運用会社にて6-8年のコンプライアンス経験がある、30代から40代前半のバイリンガルの候補者が足りておらず、こちらも中途採用市場において、ご転職をされた方はサラリーが下がった方はいないのではないでしょうか。(もちろん外資から日系という事であればお話は別ですが)弊社からご転職を成功されている方々の平均ベースアップは約9%でした。

オペレーション
実はここも地味に採用のニーズが多いエリアでアセットマネジメント業界の中で年間約15件程ニーズがあると思いますが、今年は3月、4月、5月に一番ニーズが多くありました。
弊社からご転職を成功されている方々の平均ベースアップは約9%でしたが、日系から外資に転職を成功をされた方ではベースが17.8%上がった方もおりました。

今年の7月以降、各社の中途採用のニーズに変化は出てくると思いますので、改めてレポートをさせて頂きます。

給与ガイド(2020年度版)

最新版の給与ガイドには、各市場の採用市場に関する洞察や給与の期待値を掲載しています。

給与ガイドをみる
問い合わせる
以下の必要事項をご記入ください。担当者からご連絡させていただきます。
Submit your Healthcare Staffing Request
- Request a Free Consultation Today -
この項目は必須です
「姓」は必須項目です。
「名」は必須項目です。
「メールアドレス」は必須項目です。
電話番号を入力してください
有効な電話番号を入力してください